建売住宅
自動セールス
システム

売れてる建売会社の販売手法を完全再現
仲介業者に代わってあなたの建売住宅を
24時間「集客」&「セールス」します

こんなお悩みありませんか?

値下げしても、値下げしても、思うように売れない…
苦戦しそうな現場なのに、どんな対策をしたらいいかわからない…
今すぐ完成在庫を処分したいけど、どうしたらいいかわからない…
値下げしないで売れるようになりたいけど、やり方がわからない…
物件には自信があるけど、なぜか売れない…
どうすれば即日完売できるようになるか、わからない…
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

売れないのは価格のせいではありません
売れないのは物件のせいでもありません

売れないのを、価格や物件のせいにしていませんか?
本当に価格や物件のせいで売れない建売住宅は2割程度。たいていの建売住宅が売れない理由は、
売り方が悪いからです。

 売れる建売会社 vs 売れない建売会社   3つの違い

違いその1:ターゲットが違う

圧倒的に売れる建売会社と売れない建売会社の最大の違いは、ターゲットです。売れない建売会社が狙うターゲットは、今すぐ客。今すぐ客とは、その名の通り、気に入った物件さえあれば今すぐにでも購入してくれるお客様です。

住宅購入に興味・関心が高く、知識もあり、物件を比較検討している段階の客層です。この客層は顕在層とも呼ばれ、短期間に契約できるので誰もが狙いますが、数が少ない上(見込み客全体の1%程度)競争が激しく、チャンスを逃すと次の今すぐ客を見つけるのに長い時間がかかります。

そのため、圧倒的に売れる建売会社は今すぐ客だけでなく、そのうち客もターゲットにします。そのうち客とは、住宅購入に興味・関心はあっても、知識がなく、自分からは積極的に情報収集しない客層です。潜在層とも呼ばれ、契約までに手間と時間はかかりますが、今すぐ客に比べて圧倒的に数が多く(今すぐ客の約19倍)競合がほとんどいないので、育て方次第で短期間に今すぐ客にできるのが特徴です。

違いその2:販売方法が違う

建売住宅の販売方法は2つあります。ひとつは、仲介業者を利用して売る間接販売という方法。もう一つは、売主が直接売る直接販売という方法です。

売れない建売会社が採用するのは間接販売という方法。建売業界では、長年当たり前のように採用されてきた販売方法ですが、正直、今の時代には向いていません。そもそも間接販売は、市場が成長期に効果を発揮する販売方法。住宅のように、すでに成熟期を終え衰退期に向かった産業には向いていません。その上、間接販売が向いているのは廉価で商品説明があまり必要ないもの。もともと、建売住宅の販売には向いていない販売方法です。

それに対して売れる建売会社が採用するのは直接販売という方法。売主自らが営業マンを雇って直接売る方法です。直接販売は、不況期や市場が衰退期に適した販売方法と言われ、住宅などの詳しい商品説明が必要な高額商品には特に適した販売方法です。大手不動産会社やマンション分譲業者が直接販売にこだわるのはこれが理由です。


違いその3:情報の伝え方が違う

建売住宅の売れ行きは、物件の良し悪しだけで決まるものではありません。なぜなら、同じ建売住宅を販売しても新人とトップセールスでは売れ行きに大きな違いがでるからです。つまり、売れ行きを左右するのは、物件そのものではなく、お客様に伝える情報だということ。誰に、どんな情報を、どのように伝えるかによって売れ行きは大きく変わります。

売れない建売会社は、ほとんどが仲介業者を介して物件を販売します。仲介業者は外部の業者ですから物件に対する知識がありません。せいぜい販売図面に書かれている程度。物件のスペックや仕様の情報しかありませんから、新人営業マンのような上っ面な説明しかできません。

それに対して売れる建売会社は、自社営業が基本ですから物件に対する知識やセールスポイントをよく心得ています。そのため、誰のために、どんなコンセプトでつくられた家なのか、その価値をしっかり伝えることができるので、売れ行きは仲介業者を介して販売した場合より圧倒的に売れます。


「売れる建売会社の仕組みをマネしたい
 でも、人もスキルもお金もない…」 
と、お悩みの建売会社の方へ

その悩み 建売住宅自動セールスシステム が解決します!


余白(20px)

建売住宅自動セールスシステム

メリット1:見込み客を根こそぎ集客

建売住宅を売るためにまず最初にしなければいけないことは、認知活動(広告)です。どんなに素敵な建売住宅をつくってもターゲット(見込み客)にその情報が伝わらなければ売れません。それにも関わらず、ほとんどの建売会社は認知活動(広告)を積極的に行いません。仲介業者に任せているから安心と思っているのかもしれませんが、仲介業者が行う認知活動(広告)は「今すぐ客」に対してだけ。自分で積極的に情報収集しようとしている見込み客にしか情報提供していないのです。

売れる建売会社になるためには「今すぐ客」だけでなく「そのうち客」に対しても認知活動(広告)をする必要があります。とはいえ、今までの紙媒体による認知活動にはお金がかかるのも事実。そこでおすすめなのがSNS広告を使った認知活動(広告)です。SNS広告とは、インスタグラムやフェイスブックに掲載する広告のこと。住宅購入を考えているターゲットがもっとも利用している媒体なので、紙媒体より効果絶大。エリアや年齢、年収、家族構成も指定できるので圧倒的なローコストで告知・集客できます。ただ、SNS広告の難点は、広告を積極的に見る人が少ないこと。いかに瞬時にターゲットの注目を引けるかがポイントです。建売住宅自動セールスサービスでは、建売住宅販売に特化したSNS広告のプロが制作・運営。運用実績を見ながら常時改善していくので効率よく認知活動が行えます。

メリット2:トップセールスを再現

売れ行きを左右するのは、物件の良し悪しではありません。売れ行きを左右するのは、言葉(情報)。誰に、何を、どのように伝えるかによって、売れ行き(成約率)は大きく変わります。つまり、どんなに素敵な建売住宅をつくっても、その価値がターゲット(見込み客)にしっかり伝わらなければ売れないということ。同じ物件を売っているのに、新人営業マンとトップセールスで売れ行き(成約率)が違うのはココです。裏を返せば、新人営業マンでもトップセールスのセールストークをマネすれば売れ行き(成約率)は上がるということです。

建売住宅自動セールスシステムでは、トップセールスのセールストークをWeb上(物件専用のホームページ=物件LP)で再現します。建売販売のトップセールスの経験があるセールスライターがあなたの物件を詳細に分析。ターゲット(見込み客)に刺さるコンセプトに落とし込んで、わかりやすく訴求します。要するに、24時間セールスしてくれるトップセールスを雇うのと同じ。だから、仲介業者の担当者が新人営業マンでも、凡人営業マンでも、物件LPさえ見込み客が見てくれればトップセールスのセールストークを聞くことができるということ。確実に物件の価値をターゲット(見込み客)に伝えることができるようになるということです。

メリット3:スキル・人件費不要

直接販売したいのは山々だけど、販売のために営業マンを雇うのはハードルが高いのも事実です。最大の問題は、人件費。人件費は固定費ですから、販売物件があってもなくても発生します。中小建売会社の場合は、常に販売物件があるわけではないので、販売物件がない期間の食いぶちも考えなければなりません。もう一つは、採用の問題です。社長がトップセールスならいいかもしれませんが、そうでなければ採用する営業マンの力量を判断するのは困難です。「この営業マンはできる!」と思って採用したけど、期待外れだったというのはよくある話。でも、一度採用してしまうと、簡単には解雇できないのが現実です。他にも、誰が営業マンを管理するのかという管理の問題もありますし、どうやってトップセールスにするのかという教育の問題もあり、簡単には直接販売に踏み切れないのが現実です。

建売住宅自動セールスシステムなら、営業マンに払う給料も、雇うリスクも、管理・教育する手間も必要ありません。必要な時に必要なだけ利用すれば、簡単にトップレベルの集客ノウハウとセールストークが手に入ります。売れる建売会社に必要なのは、正しい売り方の仕組みです。自社ですべて用意しなくても建売住宅自動セールスシステムを利用すれば必要最小限のリスクとコストで売れる仕組みが構築できます。

無料相談・お問い合わせはこちら!

ご利用の流れ

市場調査~広告運用まですべてお任せください
STEP 1
資料送付
詳細資料(パース・写真・間取り図・仕様書等)とターゲットに伝えたいことがあれば送ってください。
STEP 2
市場調査
詳細資料をもとにクリエイティブチームが市場調査。コンセプトを再定義してターゲットを絞り込みます。
STEP 3
物件LP制作
建売販売トップセールスの経験のあるセールスライターが物件LPを制作。トップセールスのトークを再現します。
STEP 3
SNS広告制作
ターゲットを物件LPへ誘導するためのSNS広告(インスタグラム広告&フェイスブック広告)を制作します。
STEP 3
広告開始
物件LPとSNS広告ができたら認知活動開始。SNS広告の反応率を見ながら広告内容を改善します。
STEP 3
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

お客様の声と実績

完成後60日以内で完売できるようになりました。

藤沢市 M.T様
11ヶ月売れ残っていた物件を処分したくてお願いしました。正直、あまり期待していませんでしたが、導入後1ヶ月半ほどで売れました。最初はまぐれかなっと思いましたが(笑)縁起がいいのでそれからずっとお世話になっています。完成までに売れる物件もあれば、売れない物件もありますが、ほとんどの物件が完成後60日以内で完売できるようになりました。完売までの期間が読めるようになったので、資金繰りもそうですが、精神的にとても楽になりました。

値下げ額がびっくりするほど減りました。

川崎市 W.K様
以前は、売れないと仲介業者に言われるまま値下げをしていました。ただ、一度値下げしただけでは完売できないことがほとんどで、何度も値下げを要求されるのが苦痛でした。仲介業者は値下げした時は積極的に営業してくれますが、反応が悪くなるとすぐに相手にしなくなります。なんとかしなきゃと思ってた時にこのサービスを知りました。最初は半信半疑でしたが、導入前と比べて物件あたりの値下げ額がびっくりするほど減りました。今年は値下げしないで売れる会社を目指したいと思います。

無料相談・お問い合わせはこちら!

どれくらいの価値がありますか?

何度も言うようですが、あなたの建売住宅が売れないのは物件のせいでも、価格のせいでもありません。あなたの建売住宅が売れないのは「売り方」のせいです。大手不動産会社や売れてる建売会社、マンション業者と同じ売り方をすれば、あなたの建売住宅はもっと売れます。

ポイントは、ターゲットを「今すぐ客」だけでなく「そのうち客」にまで広げること。そして、広告を利用して、ひとりでも多くの「今すぐ客」と「そのうち客」にあなたの物件の存在を知らせ、あなたの物件の価値(魅力)をわかりやすく伝えることです。

想像してみてください。

もしあなたの建売住宅を、今の数倍の見込み客に伝えることができたら、あなたの建売住宅はどれだけ売れるでしょう?

もしあなたの建売住宅の価値(魅力)を、今の数倍の見込み客にトップセールスが伝えることができたら、あなたの建売住宅はどれだけ売れるでしょう?

完売までの期間は、どれだけ短縮できるでしょうか?値下げ額、値引き額は、どれだけ減少させることができるでしょうか?利益は、どれだけ増やすことができるでしょうか?

建売住宅自動セールスサービスは、ひと言で言うなら、あなたの会社にマーケティングの専門家とトップセールスを雇うようなものです。

2人の専門家が24時間あなたの建売住宅を販売するためだけに働いてくれるとしたら、あなたはこのサービスにどれだけの価値を感じますか?

建売住宅自動セールスサービスの価格ですが、通常は不動産セールスライターによる物件LPの制作60万円(税別)とSNS広告の制作・運営で月額6万円(税別)そしてSNS広告の宣伝費が月額最低6万円〜。3ヶ月で完売を目指すとすると、60万円+6万円×3ヶ月+6万円×3ヶ月=96万円(税別)となります。(※広告宣伝費は月額最低6万円〜 自由に設定できます)

正直、自社でマーケティングの専門家やトップセールスを雇うことを考えると費用対効果は抜群だと思いますが、はじめてこのようなサービスを利用する人にはハードルが高いのも事実です。そこで、少しでも多くの建売会社の方に利用していただけるよう特別優待価格(上記通常価格の30% OFF)62万円(税別)〜をご用意しました。(限定5社/月)この機会にぜひお試しください。

よくあるご質問

  • Q
    ネットの知識が全くありません。大丈夫ですか?
    A
    物件LPやSNS広告の制作・運営は全て弊社で行いますので、ネットの知識が全くなくても大丈夫です。
  • Q
    自社のHP(ホームページ)がありません。それでも利用できますか?
    A
    新たに物件LP(物件専用のWebサイト)を立ち上げますので、ホームページがなくても問題ありません。
  • Q
    サービスを利用する際、どのような資料が必要ですか?
    A
    物件概要書・間取り図・区画図・パース(完成前物件の場合)・写真(完成物件の場合)・仕様書等、販売図面を作成する際に必要な書類一式あれば大丈夫です。
  • Q
    きれいな写真がありません。写真撮影もお願いできますか?
    A
    写真撮影(有料)も承ります。提携業者をご紹介しますのでご利用ください。(対応エリア:札幌・仙台・東京・埼玉・神奈川・千葉・静岡・名古屋・富山・石川・大阪・京都・兵庫・広島・福岡の各地主要エリア)
  • Q
    なぜSNS広告が効果的なのですか?
    A
    SNS広告(インスタグラム広告・フェイスブック広告)が効果的なのは、購買層(はじめて住宅を購入する客層)が最も利用する頻度の高い媒体だからです。その上、居住エリアや年齢、職業、年収等も指定することができるのでより効果的にアプローチできます。紙媒体(新聞折込チラシ・ポスティング等)よりローコストで広告できるのも魅力です。
  • Q
    自社でSNS広告していますが、期待した効果がでません。本当に大丈夫でしょうか?
    A
    SNS広告は「今すぐ客」ではなく「そのうち客」に適した媒体です。そのため「今すぐ客」に向けたメッセージを発信してもあまり効果はありません。多くの業者さんがSNS広告で期待した効果がでないのは「今すぐ客」に向けたメッセージを発信しているからです。その上、SNSを利用するお客様は広告自体が嫌いです。そのため、特別な広告テクニックが必要です。弊社では、ダイレクトレスポンスマーケティングの手法を使って「そのうち客」向けにSNS広告を展開しています。弊社がSNS広告で効果を発揮しているのはこれが理由です。
  • Q
    すでにホームページに物件情報を掲載しています。なぜ新たに物件LPが必要なのですか?
    A
    LP(ランディングページ)とは、特定の製品、サービス、イベント、キャンペーンなどに焦点を当てた単一のウェブページのことです。物件LPは特定の建売住宅に関する詳細な情報を提供することで、訪問者の興味を引き付け、購買意欲を高めることができます。これに対し、ホームページに掲載された情報は、他のプロジェクトや企業の情報と混在しているため、訪問者が目的の建売住宅に関心を持ちにくい傾向があるからです。
  • Q
    物件LPやSNS広告の内容は、修正してもらえますか?
    A
    事実と異なる点については修正します。ただし、コンテンツ内容や表現については見込み客の購買心理を刺激するよう設計していますので修正はできかねます。まずは、プロの提案を受け入れてみてください。
  • Q
    料金体系はどのようになっていますか?
    A

    物件LPの制作費用(建売住宅販売のトップセールスの経験のあるセールスライターが制作)は、60万円(税別)。SNS広告の制作・運営費用は、月額6万円(税別)。SNS広告の宣伝費用は、月額6万円(税別)〜となっています。尚、SNS広告の宣伝費用は、ご予算に応じて自由に設定できます。

    例1:広告宣伝費を月額6万円(1日2,000円)・3ヶ月で完売を狙う場合、物件LP制作60万円+SNS広告制作・運用月額6万円×3ヶ月+SNS広告宣伝費6万円×3ヶ月=96万円(税別) 

    例2:広告宣伝費を月額15万円(1日5,000円)・3ヶ月で完売を狙う場合、物件LP制作60万円+SNS広告制作・運用月額6万円×3ヶ月+SNS広告宣伝費15万円×3ヶ月=123万円(税別) 

  • Q
    SNS広告制作・運用費用とは、どのようなものですか?
    A
    物件LPへお客様を誘導するための広告がSNS広告です。SNS広告の出来次第で、物件LPを閲覧する見込み客の数が変わってきます。そのため、定期的に広告の反応率をチェックし、最大限の集客ができるようキャッチコピーはもちろん、広告自体を変更する必要があります。弊社では、月額6万円の定額制で広告制作から運用まで代行しています。
  • Q
    SNS広告宣伝費とは、どのようなものですか?
    A
    弊社が提供するSNS広告とは、インスタグラム広告とフェイスブック広告の2つを指します。この2つはMeta社(旧社名 Facebook社)が運営しており、配信料(SNS広告宣伝費)をMeta社に支払う必要があります。(※配信料は広告を配信する頻度に応じて決まるため、予算や完売までの難易度に応じて配信料(SNS広告宣伝費)は自由に設定できます)
  • Q
    支払い方法は、どのようになっていますか?
    A
    お申込の際に、お見積もり金額の半金をお振込ください。入金が確認でき次第、制作に入ります。残金は物件LP・SNS広告完成後、請求書(月末締め・翌月末払い)をお送りします。
  • Q
    予定より早く完売した場合、広告宣伝費は返金されますか?
    A
    日割り計算で精算して、お預かりしている広告宣伝費はご返金します。
  • Q
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
    A
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

建売住宅自動セールスシステム開発者

不動産マーケティング研究所 代表 西村伴之
1962年生まれ、岐阜県出身。立命館大学法学部卒。卒業後はマンション分譲最大手 に就職、営業を学ぶ。その後、海外不動産投資業務に従事。ハワイ、マイアミ、ニュ ーヨークのコンドミニアムをはじめサンディエゴ、アトランタのホテル、アパート売買等を手がける。バブル崩壊後は国内の不動産仲介業務へ。大手不動産仲介会社を経て1993年(平成5年)独立。

マンション販売から不動産投資、不動産仲介、大手から中小不動産会社の販売まで熟知する不動産販売のスペシャリスト。2000年から集客とセールスに不動産業界初となるダイレクト・レスポンスマーケティングを導入。不動産セールスライティン グを使って、わずか1年で見込み客(個人情報のわかる会員)4,000人超、メルマガ購読者6,000人超を達成。各種マスコミに紹介される。

2008年、それらの経験を活かして建売会社のコンサルティングを開始。顧問先の業績を4年で約3倍にするなどの実績を持つ。著書に「こうすれば住宅ローンが10年 で返済できる」がある。

3つの選択肢があります

あなたには3つの選択肢があります。

1つは、今まで通り、とりあえず売り出して、売れなければその都度値下げして売るという道です。もしあなたが今の売上、利益、販売期間で満足しているなら、この道でもいいかもしれません。

でも、もし、もっと売上を伸ばしたい、利益を増やしたい、早く完売できるようになりたいと考えているなら、2つ目の選択肢として、大手不動産会社や売れてる建売会社と同じ売り方を自分でやるという道があります。

きっと勉強熱心なあなたなら、地道にマーケティングやセールスの勉強をすれば「いつか」成果が出せることでしょう。しかし、その「いつか」はいつやってくるかわかりません。しかも、日常業務をこなしながら集客やセールスの対策をするのはとても大変なことです。それに、望んだ結果を出せるようになるまでには、膨大な時間とお金がかかります。

3つ目の選択肢は、建売住宅自動セールスシステムを活用して、最短最速で集客&セールスするという道です。もちろん、私たちのサービスを使ったからといって、100%成果が出るとはお約束できません。しかし、少なくともあなたが何もしなかったり、自分で対策をするよりもはるかに高い確率で成果が出ることはお約束します。なぜなら、あなたが建売住宅をつくるプロのように、私たちは建売住宅マーケティングのプロだからです。

どの道を選択するかはあなた次第です。でもきっとここまで読んでいただけたということは、あなたの答えはもう決まっていることでしょう。

もしこのサービスに興味があるようでしたら、まずは下記フォームからお問い合わせください。そして、あなたと直接お話させていただき、納得がいったら正式にお申し込みください。

あなたからのお問い合わせを心からお待ちしています。

無料相談・お問い合わせフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

運営会社

会社名
株式会社不動産マーケティング研究所
住所
〒107-0061 東京都港区北青山2-7-13-3F
E-mail
info@e-sumikae.co.jp
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。